ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

S2S ワルサーP99の小改造×5【エアコッキング】

今回はS2S製エアコッキングガン P99のカスタムを5つ(+おまけで1つ)まとめてご紹介します。

f:id:Jo-Bitaki:20191222223018j:plain:w400

S2S P99って?

エアコッキングガンでありながら、ホールドオープンやコッキングインジケーターが再現されているおもしろいエアガンです。

f:id:Jo-Bitaki:20191222225220j:plain:w400

銃本体の説明や分解法については下の記事を参考にしてください。

www.joe-hitagi.com

カスタマイズ

バックプレートを外しやすくする

分解時にはスライド後部のプレートを外さなければなりませんが、これが非常に固いです。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222825j:plain:w300

そこで、プレート裏側の突起を削って着脱をしやすくしました。削りすぎるとガタが大きくなるのでほどほどに。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222831j:plain:w300

バックプレートのひび割れ防止

銃の後部にはコッキングインジケーターが収まる金属パーツがありますが、コッキングのたびにこれがバックプレートに勢いよくぶつかります
ついにはプレートに亀裂が入ってしまったので、金属部分を削ってプレートと接触しないようにしました。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222928j:plain:w300

マガジンの錘を除去

マガジンにはとても大きな鉛のウエイトが入っており、かなりの重量アップになっています。これではうっかりマガジンを落とすと大破しかねなません。

そのため錘を取り外すことにしました。
マガジンバンパーを外し、上の隙間から細いもので押し出せば外れます。特に接着されている様子はなく、プラの弾力と摩擦力で保持されていたようです。

f:id:Jo-Bitaki:20191223231406j:plain:w300

これで気軽に空マガジンを床に落とせますね。

刻印彫り

この銃には「WALTHER」の刻印がどこにも入っていません。おそらくライセンスの問題でしょう。
そこで、スライドの前方部分に自分で彫刻しました。ついでに修正液でホワイトも入れています。

f:id:Jo-Bitaki:20200108220616j:plain:w400

彫刻には断面が三角形になるように削ったミシン針を使いましたが、この方法は下のサイトに書かれていた方法を参考にしたものです。

ちなみに使っているのは針と言っても、ミシン針の先端を角断面に削ったのをピンバイスに取り付けて彫り易くしとります。
出典:オラガバニスト:アラスカンに刻印を・・・

この方が仰っている針の形状はおそらく外科手術で使う「角針」のことだと思われます(一般的な裁縫針は「丸針」)。

セレーションの追加

スライドにはもとからセレーション(滑り止め)の溝があります。しかし幅が狭く、スライド後部にはレバー類の突起がないためコッキング時に滑りやすいです。
そこでスライド後端に0.5㎜のプラバンをプラリペアで接着し、指が引っかかりやすくしました。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222853j:plain:w300

これは東京マルイのハイキャパ D.O.Rのデザインを参考にしたものです。

プラ板は黒く塗装しました。もう少し凝った形状にすればよかったかも。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222903j:plain:w300

これだけでも滑り止めにはかなり効果があります。特に、オーバーハンドでのコッキング(下の写真参照)が格段にしやすくなりました。

f:id:Jo-Bitaki:20200108220008j:plain:w300

おわりに

ご紹介したカスタム内容はほとんどが簡単なものですが、実際にやってみると愛着がわきます。

S2S P99にはこのほかにもいくつかカスタマイズがありますので、ご興味があれば下の記事もぜひご覧ください。すべてを実践すれば、この銃の不満点はほぼなくなるはずです。

www.joe-hitagi.com

www.joe-hitagi.com

www.joe-hitagi.com

おまけ:自作サイレンサーアタッチメント

3Dプリンターでこのようなものを作ってみました。

f:id:Jo-Bitaki:20191222223027j:plain:w300

これはクラウン製エアコキのサイレンサーをP99に装着するためのアダプターです。微妙にねじがあっておらず、銃口との隙間も少し大きいですが下の写真のように取り付けられます。

f:id:Jo-Bitaki:20191222223032j:plain:w400

このサプレッサーはプラスチック製のため、銃身への負担が少なそうです。

サイレンサー自体にも消音材を追加する加工をしています。よろしければ下の記事をご覧ください。

www.joe-hitagi.com

ご存じですか?エアガンの「宅配買取」

f:id:Jo-Bitaki:20200307134122p:plain:w300
  • コレクションが増えすぎたので整理したい
  • 新しい銃を買うための資金作りをしたい

そんなときにはサバゲ―タウンの宅配買取がおすすめです。

使い方は簡単。

  1. WEBで査定を申し込む
  2. 査定したいコレクションを着払いで送る(必要なら事前にダンボールを無料で送ってもらえます)
  3. 査定が完了したら金額をメールでお知らせ
  4. 金額に満足したら指定の口座へ振り込み

※査定にかかる送料・査定料・返送料はすべて無料

さらに、サバゲ―タウンでは壊れているもの・改造してあるものでも買取可能です(※内容によります)。
気になった方は一度ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

>無料査定を申し込む