ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

S2S ワルサーP99にスライドストップスプリングを追加【エアコッキング】

f:id:Jo-Bitaki:20191222225220j:plain:w400

S2Sのエアコッキングガンは、残弾0でホールドオープンする機能を再現した珍しいエアコキです。
しかし、スライドを引くときに銃が傾いているとマガジンに弾が残っていてもスライドストップがかかってしまいます。
今回はこうした問題をお手軽に解決する方法をご紹介します。

S2S ワルサーP99について

エアコッキングガンなので、バッテリーもガスも使わずに気軽に遊べるエアガンです。
下の写真では「WALTHER」の刻印が入っていますが、これは自分で入れたので製品版には入っていません。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222757j:plain:w400


S2Sのエアコキには色々とユニークな特徴があります。

まず、なんといってもホールドオープンが魅力です。
マガジンが空になった状態でスライドを引くとスライドストップが作動し、スライドが前進しなくなります。

f:id:Jo-Bitaki:20191222225220j:plain:w400

この状態でもトリガーとシアはつながっているため引き金を引かないように。


P99の場合はコッキングインジケーターもきちんと機能します。
弾が発射できる状態だと赤い突起が出てくるのです(右の写真)。

f:id:Jo-Bitaki:20191222224109j:plain:w200f:id:Jo-Bitaki:20191222223046j:plain:w200

これはリアルさだけでなく、安全性の面でも重要な機能です。
P99はハンマーレスのため、インジケーターがなければ外からコッキングの有無を判別できません。

さらに、マガジンがもとから2本付属しています。
そのため、買った状態ですぐにマガジンチェンジができます。これがなかなか楽しく、つい意味もなくマガジンチェンジで遊んでしまいます。

f:id:Jo-Bitaki:20191222223055j:plain:w300


サイレンサーアタッチメントも標準で付属します。
これは14㎜逆ねじのアダプターになっているため、たいていのサプレッサーをそのまま取り付けられます。

f:id:Jo-Bitaki:20191222224119j:plain:w400

もしもアタッチメントが外せなくなったら、こちらの記事を参考にしてください。


このように、S2Sのエアコキは至れり尽くせりの面白いエアガンです。
以下は10歳以上用のリンクです。このほかにも「ベレッタM9」・「H&K USP」・「グロック17」・「SIG P226」がラインナップされています。

※18歳以上用も発売されています

問題点:勝手にスライドストップが動く

しかし、このエアガンにはいろいろと不具合もあります。
その1つが、マガジンに弾が残っていてもたまにホールドオープンすることです。

原因はスライドストップを押さえるスプリングがないこと
そのため銃を傾けると重力でスライドストップが動き、スライドとかみ合ってしまうのです。

そこで、スライドストップに簡単にスプリングを追加する方法をご紹介します。
が、その前に分解法を説明しますので不要な方は読み飛ばしてください。

分解方法

まず、スライド後部のプレートを外します。
下にずらせば外れるはずですが、おそらくかなり固いと思います。
シリンダーを広げながら慎重に動かしてください。作業がしにくければホールドオープンの状態にしても良いですが、プレートを外した後に空撃ちすることをお忘れなく。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222825j:plain:w400

この工程が一番の難所で、これさえできれば後は簡単です。

プレートを外したら、トリガーの上にあるテイクダウンレバーを下に下げます。
すると、スライドが前方に引き抜けます。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222836j:plain:w400


上の写真ではサイレンサーアタッチメントがついたままですが、それだとバレルをスライドから抜けません。 サイレンサーアタッチメントが固くて外れない場合は下の記事を参考にしてください。

固まったサイレンサーアタッチメントの外し方 - ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ


あとはスプリングを飛ばさないように注意しながらパーツを外していきます。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222947j:plain:w400

今回のスライドストップスプリングの追加だけなら、リコイルスプリングが飛んでいかないように外すだけで問題ありません。

スライドストップスプリングの自作

用意するのは細めの結束バンドのみ。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222810j:plain:w400


バンドの先端のギザギザがない部分を切り取り、写真のように軽く折り曲げます。
これがスプリングの代わりになります。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222818j:plain:w200


あとはバンドをレールとスライドストップの間に押し込めば完成。

f:id:Jo-Bitaki:20191222222933j:plain:w400

バンドが銃の内部で行方不明にならないように、目立つ色を使うことをおすすめします。

銃を組み立てる前に念のため動作確認をしてください。
銃を逆さにしてもスライドストップが動かず、かつ空のマガジンを入れたらスライドストップが押し上げられたら合格です。

おわりに

本当に簡単なカスタムですが、これだけで劇的に使いやすくなるのでぜひお試しください。
結束バンドなら安くて入手しやすいし、切り取った残りはそのまま本来の用途に使えるのでかなり経済的ではないでしょうか。

この銃にはほかにもいくつかトラブルがあり、解決法を以下の記事で紹介しています。

www.joe-hitagi.com

www.joe-hitagi.com

www.joe-hitagi.com

ご存じですか?エアガンの「宅配買取」

f:id:Jo-Bitaki:20200307134122p:plain:w300
  • コレクションが増えすぎたので整理したい
  • 新しい銃を買うための資金作りをしたい

そんなときにはサバゲ―タウンの宅配買取がおすすめです。

使い方は簡単。

  1. WEBで査定を申し込む
  2. 査定したいコレクションを着払いで送る(必要なら事前にダンボールを無料で送ってもらえます)
  3. 査定が完了したら金額をメールでお知らせ
  4. 金額に満足したら指定の口座へ振り込み

※査定にかかる送料・査定料・返送料はすべて無料

さらに、サバゲ―タウンでは壊れているもの・改造してあるものでも買取可能です(※内容によります)。
気になった方は一度ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

>無料査定を申し込む