ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

二重窓の自作で冬を快適に過ごす 〜作り方・注意点など〜

f:id:Jo-Bitaki:20200312094326p:plain

冬になると部屋や風呂がとても寒いということはないだろうか。もしも窓のそばが特に寒いのなら、冷気の主な侵入元は窓とみて間違いないだろう。

部屋を出入りする熱のうち、かなりの部分は窓を通るといわれている。

ガラス自体も熱を通すが、アルミサッシの場合にはレールの部分からも熱が逃げていくことになる。

雪国では窓が二重になっており、窓と窓の間に空気の層を挟むことで魔法瓶のような保温効果を作り出している。

二重窓は自分で作ることもできる。必要な部材がセットになったキットも市販されており、もともとある窓の内側に樹脂製の内窓を設置する。これにより冷房や暖房の効率も良くなり、電気代の節約にもなる。

今回は私が実際に設置した施工例(設置から約3~4年経過)や、必要な道具・注意点などについて詳しくご紹介する。

実際の設置例

早速だが、私が浴室に設置した2つの窓をご覧いただきたい。

こちらは一般的な横にスライドするタイプの引き違い窓である。大きさは縦が715㎜、横は1215㎜。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202846j:plain

こちらは縦方向に上げ下げするタイプで、俗にいうギロチン窓である。高さは893㎜、幅は724㎜。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202916j:plain

もともとの窓が縦に長いのと、なかにあるものを取り出しやすいようにこのような形にした。

このほか、写真はないが自分の部屋にも一つ設置している。そちらは高さが1008㎜・幅は1775㎜で風呂場のものより大型である。

上の写真では見難いが、レールの横にはカバーが取り付けられており、窓と壁の隙間がふさがるようになっている。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202957j:plain

次に、材料や使った道具、窓の構造について詳しく述べる。

材料

光モール 内窓フレーム

全て光モール社の「内窓フレームセット」を使用した。色はオフホワイト・ストロングブラウン(暗めの茶色)・ビスケット(明るい茶色)がある。

これは樹脂製の窓枠やレールがセットになったものである。部材を必要な長さに切ったらレールを両面テープで貼りつけ、窓をはめ込むことで完成する。

参考:

内窓フレームセット 光モール

www.youtube.com

高さ910mm×横幅1820mmまでの窓に対応。窓がそれよりも大型なら、以下のようなばら売りを買い足すか、最初からばら売りだけでそろえる必要がある。

 ただし、セットには本来別売りの取っ手が付属していることもあるためお得感はある。

必要な部材の長さは下の説明書を使って計算する。

パネルフレーム組立説明書

ツインカーボ

パネル(窓の材料となる透明なプラスチック版)にはツインカーボを使用した。これはポリカーボネートを二枚張り合わせたものであり、間に空気層ができるため断熱効果も高いと思われる。

厚さや大きさにいくつかバリエーションがある。

また、耐候性(紫外線による劣化防止)加工が施されているため、窓自体が紫外線に強いだけでなく、窓を通る紫外線をカットする効果も見込める。もちろん、プラスチック製のためガラスに比べてとても軽い。さらに、自己消火性のため火がついても燃え広がらない。

私は厚さ4.5㎜を使用した。

光モールのフレームは3mm~4.5mm厚に対応しているが、3mmを使うには別売りのスペーサーが必要となる。そのため、特に理由がなければ4㎜以上を使えばいいだろう。

さらに大きな窓なら:パネルフレームHI

同じく光モールからパネルフレームHIというものも売られている。こちらのセットでは高さ2200mm×幅2100mmまでの大きな窓に対応しており、窓がたわまないように補強材が付属している。ベランダについているような、人が出入りできるほど大きい窓に使えそうである。

対応パネルが4mm~4.5mm厚であり、前述の「パネルフレーム」とは異なり3mmは使えない。

また、同じ大きさの窓を作るにしても部材の寸法が変わるので注意。

参考:パネルフレームHI用組立説明書

もう一つのキット:アクリルサンデー製

アクリルサンデーからも似たようなキットが発売されている。

こちらは幅1800ミリ×高さ1400ミリまでの窓に対応。使えるパネルの厚さに幅がなく、3mm厚のものしか使えない。

もう少し小さめの窓用のセットもあり、そちらのほうが安い(幅1800ミリ×高さ900ミリ)。

ホームページによると幅2100ミリ×高さ2200ミリまでの大型窓用もあるようだ。そちらは厚さ4mmのパネルを使う。

 参考:アクリサンデー株式会社:D.I.Y.プラスチックで作る!エコな簡易内窓フレーム+レールセット

アクリルサンデーのものは光モールより窓枠(フレーム)やパネルが薄い。私の場合は窓が結構大きめだったので反りが出るかもしれないと思い、厚めの光モールを選択した。

アクリルサンデー製はフレームが薄いためか、設置に必要な幅が光モールより5mm短い。また、その分軽く感じた。

アクリルサンデーのものは窓枠自体に最初から取っ手がついているという利点もある。しかし、その取っ手は小さいため、あまり使いやすくはない。
また、窓枠の垂直方向と水平方向の部材が別物となるため、両者を使いまわすことはできなさそうだ。

以上のような強度・扱いやすさの点から、個人的には光モールのキットをおすすめする

必要な道具

カッター

窓本体となるプラスチックパネルを切断するのに使う。パネルは結構固いため、ある程度大きくて頑丈なカッターが必要。100円ショップのやわなものはおすすめしない。

私はこちらのオルファ製を使用している。刃をスライドさせる動作だけで自動的にロックの固定・解除ができるので便利。

切断するときは最初から刃を深々と突き立てるのではなく、何往復かさせて少しずつ切り込みを深くしていく感じで切っていく。また、切れ味が落ちたと思ったら遠慮なく刃を折ろう。

なお、カッターで切るのが難しければ、ホームセンターに持ち込んで丸のこで切ってもらう(店舗によっては道具を借りて自分で切ることも)という手もある。

曲尺(かねじゃく)

別名まがりがね。L字型の定規であり、ある辺に対して直角な線を引くために使う。

 内窓DIYの一番の難所はパネルを直角に切りだすことであり、二番目の難所はレールをまっすぐ設置することである。ここを失敗すると窓がゆがんだり、スムーズに動かなかったりする。

曲尺があればどちらの難所もクリアしやすくなる。あるのとないのとでは作業効率が全然違うので使用を強くお勧めする。

なお、曲尺は力を加えたり、傷がつくと正確に測れなくなるため、カッターなどの刃物のガイドにしてはならない。あくまで印をつけるのに使う。

金属製の定規

カッターをあててまっすぐ切るために必要となる。最低30㎝、可能なら1mのものがあると良い。100円ショップでも購入できる。

切るべき部分が長いとカッターをあてたときにずれやすいため、養生テープで定規をしっかり固定すると作業がしやすい。

防水の両面テープ

内窓の設置場所が風呂場なら必須である。普通の両面テープでは数か月もすると湿気ではがれてくる。

二度手間なので、最初から水場用のテープを使うことをおすすめする。

普通の両面テープより長さあたりの単価が高いため、私はレールの全面には貼らず両端と中央だけにしている。これでも強度に問題はないようで、3年経った今でもはがれていない。

ゴムハンマー

打撃面がゴムでできたハンマーで、叩いても表面に傷をつけない。窓枠(フレーム)を窓(パネル)にはめ込むのに使う。素手では固くてなかなかはめられないため、ハンマーでたたきこんだほうが早い。

プラスチック用のこぎり

窓枠やレールを切るのに使う。木工用ののこぎりでも特に問題なく使えるが、プラスチック用レザーソーもお勧めである。

刃が薄いため、刃の厚さをあまり考える必要がなく狙った場所で切りやすい。

その他

  • メジャー(長さ測定用)
  • やすり(切断面のバリ取り用)
  • 養生テープ(定規の固定など)
  • 水性ペンか鉛筆(風呂場では前者、普通の部屋では後者を使ってレール設置用の印をつけた)

作業の注意点や工夫点

ここでは作業にあたって考慮すべき点をご紹介する。なお、特にことわりがなければ光モール製のことを指しているものと思ってほしい。

内窓の位置について

キットの購入前には、自分の窓に内窓を設置できるだけのスペースがあるのかを確認すること。各社のホームページに最低限必要な長さが載っている。

参考:

光モール パネルフレーム組立説明書

光モール パネルフレームHI用組立説明書

アクリサンデー株式会社:D.I.Y.プラスチックで作る!エコな簡易内窓フレーム+レールセット

また、設置場所が元の窓に近すぎるとクレセント錠がつっかえて動かせなくなる。間に手が入るだけのスペースは確保したい。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202947j:plain

逆に、あまりにも窓から遠すぎる(=窓の周りの壁に近すぎる)のも問題がある。

風呂場の場合、もしも浴槽のそばに窓があるなら、内窓から水滴が降ってきて不快だろう。

普通の部屋であれば、内窓とカーテンが接することで両者にほこりや水滴がつきやすくなる。

パネルの向き

パネルには細い筋が入っている。これには補強の役目もあるため、窓が完成した時には垂直方向(縦向き)になるようにする。

でないと強度が低下し、重力に負けて窓が曲がりやすくなる。

f:id:Jo-Bitaki:20191214203010j:plain

パネル内のごみについて

パネルは中が空洞になっているため、切りくずなどが中にたまることがある。私は気にならないので特に何もしなかった。

もしもきれいにしたいと思うなら、窓枠をはめる前にクリーニングロッドのような細長いもので中を掃除し、ゴミの侵入を防ぐために開口部をテープなどでふさいでおくといいと思われる。

レールはまっすぐに取り付ける

レールをまっすぐに取り付けないと、窓の開け閉めの時に抵抗が増えたり、窓がゆがんだりする。

レールが長いほど設置の途中で曲がりやすくなる。特に上レールは重力に逆らいながらの作業になるため余計に難しい。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202953j:plain

そのため、レールの設置用の印をあらかじめ書いておくことをお勧めする。私は曲尺を元の窓のサッシに当てて印をいくつか書き、後から線でつないだ。

f:id:Jo-Bitaki:20191214204721p:plain

   ↓

f:id:Jo-Bitaki:20191214204724p:plain

窓をはめる時は窓枠(フレーム)を外す

説明書には「フレームをパネルに全て取り付けてから窓をレールにはめるように」と書かれている。しかし、それでは縦方向がつかえて十中八九はまらない。

そのため、窓枠のうち垂直方向のものを外した状態で窓をレールにはめ、その状態で残りの窓枠をはめると良い。そうすれば窓がたわんでレールに入れやすい。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202840j:plain

手作り取っ手

光モールの内窓フレームセットには取っ手が一組付属する(ただし、期間限定の可能性がある)。しかし、部材をばら売りで買うと別売りになってしまう。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202937j:plain

そこで、写真のように粘着テープを使うと簡単に取っ手が作れる。透明なせいで見づらくて申し訳ない。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202925j:plain

これでも十分使えるが、表面がざらざらしたテープのほうがより掴みやすいかもしれない。

図のように、テープをパネルの裏に回りこませて窓枠で挟んでいるため、窓の重さがまともにかかるギロチン窓でもはがれることは無い。

f:id:Jo-Bitaki:20191214204717p:plain

ギロチン窓の作り方

基本は説明書の内容を90度回転させただけだが、いくつか注意点がある。

まず、上でも述べたように窓の筋は垂直になるようすること。

次に、レールは左右両方とも上用レールを使うこと。下用のレールは窓の取付けのために浅くなっているので、ギロチン窓に使うとおそらく少し動かすたびに窓が外れることになる。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202859j:plain

当然、そのままでは窓をはめられなくなる。そのため、水平方向の窓枠を外した状態で、少し力を入れて窓を曲げながらレールに入れる必要がある。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202909j:plain

上側の窓はどうにかして固定しなければならない。私はレールに穴をあけてボルトを差し込み、つっかえ棒としている。

f:id:Jo-Bitaki:20191214202931j:plain

この穴はレールを貼り付ける前に空けたほうが楽ではあるが、窓やレールがずれて計算通りの位置にならないことがある(私も設置後に穴をあけなおした)。そのため、可能ならレールを設置した後に穴あけをしたほうがいい。

下側の窓についても、開けたときには上に固定したい。こちらは、窓枠を適当な長さに切って、開けたときだけレールにはめるようにしている。窓はそれほど重くないため、片側だけで十分支えられる。

f:id:Jo-Bitaki:20191214203002j:plain

まれにこのつっかえ棒が外れ、まさにギロチンになる。窓がぶつかっても死ぬようなことは無いだろうが、窓の向こうに体を入れるときには念のため片手で窓を支えておいたほうがいいだろう。

使用した感想

保温・保冷効果

我が家の風呂場には、浴槽の真上にかなり大きな窓がある。冬場には窓から冷気が下りてきて、湯船につかっていても寒いほどだった。

しかし、内窓を設置してからは明らかに冷気が減り、室温が上昇したように感じられる。真冬でも、湯船から出ても耐えられるほどになった。

普通の部屋でも同じような効果を感じられた。また、内窓をあけると冬場なら冷気が、夏場なら熱気が出てくるのを感じるため、断熱効果もしっかりあるようである。エアコンの効率も良くなったのかもしれない。

冬場の場合、気温が上がる日中は内窓を開けて部屋を暖めておき、気温が下がり始める2時~3時に内窓を閉めれば夜間も暖房なしで過ごせることが多い。

ただ、冬場なら結露が起きる。真冬なら内側と外側の両方の窓で結露が発生するし、それほど寒くなければガラス窓だけに水滴がつく。

もちろん、風呂場であれば一年中結露する。

ドアの隙間をふさげばさらに保温効果を高められるし、騒音も防げる。

www.joe-hitagi.com

目隠し効果について

プラスチックの窓はガラスほど透明ではない。これには良い点と悪い点の両方がある。

メリットは、プライバシーの保護である。

もともと風呂場の窓にはすりガラスがはまっていたのだが、それでも外から人の形は見えた。それが内窓を設置した後は、人の形もほとんど分からなくなった。

外窓が通常のガラスであっても目隠し効果はあり、外から中の様子はほとんど見えなくなる。

f:id:Jo-Bitaki:20191214213059j:plain

デメリットはメリットの裏返しであり、部屋の中から外も見えなくなることである。

プラスチックはガラスに比べて傷やほこりに弱いためか透明度は低く、内窓越しではほとんど外の景色が見えない。

内窓と外窓の間にあるものならわりとはっきり見えるが、それより遠くのものはせいぜい色と形がぼんやり分かる程度。

紫外線カット

プラスチックは透明であっても基本的に紫外線は通しにくい。ツインカーボは高耐候コーティングがあるため、なおさらだろう。

そのため、直射日光の当たる窓際に物を置いても日焼けする様子はない。

耐久性

私の部屋の窓は南向きで直射日光が非常に良く当たる。

しかし内窓を設置して4年ほどになるが、ツインカーボに劣化は見られず、透明度も購入時とそれほど変わらないように思える。

レールやフレームも基本的には問題ない。

しかしフレームに組み込まれたゴムは劣化したらしく、パネルを咥える力が弱まってしまった。そのため、パネルにテープを貼って厚みを増やす必要に迫られた。

風呂場は部屋ほど日が当たる環境ではないためか、パネルもフレームも特に問題はない。湿度が高い環境でも特段の悪影響はなさそうである。ただ、パネルの表面にわずかにカビが見られる。

おわりに

本格的な二重窓を設置しようとするとかなりの費用が掛かるため、簡易的にせよ既製品のキットで手軽に作れるとは便利な世の中になったものである。

特に冬場には、窓から伝わる冷気が大きく減るためそのありがたみを感じる。

元の窓が大きいほど実感できる効果も高いのではないだろうか。

関連記事

遮音シートと防音テープで防音ドアを自作(+エアコンの効率化)

「集中力が続かない」・「頭痛がする」 ←換気で直ります