ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

固まったサイレンサーアタッチメントの外し方

f:id:Jo-Bitaki:20191222224114j:plain:w300

S2SのP99を久しぶりに分解しようとしたら、銃身につけたサイレンサーアタッチメントが外せなくなってました。

幸い、なんとか無傷で外すことができたのでその方法をご紹介します。

\新しい銃を買う前に/

査定無料・キャンセル料&返送料0円

経緯

サイレンサーアタッチメント(マズルアダプター)を銃口に1年以上つけっぱなしにしていたら、固着して全く回せなくなってしまいました。
おそらく錆のせいでしょう。

f:id:Jo-Bitaki:20191222224114j:plain:w300

これが外せないとバレルをスライドから抜くことができず、通常分解もままなりません。

ちなみに、問題の銃は S2S ワルサーP99 です。

f:id:Jo-Bitaki:20191222225220j:plain:w300

作業内容

まず、銃口とアタッチメントの間に防錆潤滑剤の5ー56を流し込み、15分ほど放置します。
銃身の内側からも吹き付け、潤滑剤がねじの両端から浸透するようにしました。

その後、二本のウォーターポンププライヤーを用意し、片方はアタッチメント、もう片方は銃口の金属部分をつかんで回しました。
その際、パーツに布を何重にも巻きつけ、その上からつかむことで傷を防いだ。

ウォーターポンププライヤーとは下のような器具で、挟む部分がスライドしてペンチよりも強い力でつかめます。

1度目はまだねじが固かったため、「潤滑剤をスプレー → 放置 → プライヤーで回す」という一連の作業を5回ほど繰り返したら外すことができました。
無理に回そうとするとプラスチックと金属の接続が外れたり、ねじ山が壊れたりするので注意。

ねじを回す方向にも注意が必要です。
この手のパーツはたいてい逆ねじですが、正ねじもないとは言い切れないため説明書を確認してください。
このS2S P99は逆ねじ。

f:id:Jo-Bitaki:20191223231402j:plain:w400

こんなことにならないようにアタッチメントは都度外すか、長時間はめるときにはまめに注油しておくべきでした。

P99カスタム記事

S2S ワルサーP99にスライドストップスプリングを追加【エアコッキング】

S2S ワルサーP99の装填不良を解消するカスタム【エアコッキング】

S2S ワルサーP99の弾道とサイトの修正【エアコッキング】

S2S ワルサーP99の小改造×5【エアコッキング】