ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

【マルシン】ガスが入らなくなったポリスリボルバーの修理【ガスリボルバー】

f:id:Jo-Bitaki:20191117165738j:plain:h350

突然ですが、マルシン製のガスリボルバー「 ポリスリボルバー 」(ニューナンブM60)にガスを入れられなくなりました。
ガスを入れると同時に放出バルブから全部抜けてしまうのです。

幸いにも修理に成功しましたので、その方法をご紹介します。

\新しい銃を買う前に/

査定無料・キャンセル料&返送料0円

故障の内容

今回の症状は、ガスを入れたそばから放出されることです。

分解してみると、放出バルブがインパクトプレート(バルブノッカー)に叩かれた状態から元の位置に戻らず、ガスルートが開きっぱなしになっていました。
バルブの位置は下の画像の丸で示したあたりです。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165908j:plain:h400

本来はバルブの突起が見えるはずですが、インパクトプレートに叩かれて奥に引っ込んだままなので写真には写っていません。

バルブが元の位置に戻らないため常にガスの放出口が開いた状態になり、ガスを入れたそばから放出されるのです。

故障の原因

バルブが戻らない原因は、バルブの動きが渋くなっているからです。

バルブスプリングがへたってバルブを押し戻す力が弱くなったのか、バルブのOリングが油を吸って膨張し抵抗が大きくなったのかもしれません。

修理方法

簡単に言えば、バルブが入っている穴の直径を広げることで、バルブがスムーズに動くようにしました。

分解

※スプリングが飛び出すおそれがあるため安全メガネをしてください。

まずはグリップを外します。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165814j:plain:h300


次に、シリンダーの下にあるねじを緩めてシリンダーをクレーン(ヨーク)ごと外します。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165802j:plain:h300

ネジは緩めるだけで、完全に外す必要はありません。

最後にサイドプレートを外します。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165844j:plain:h300

スプリングが飛び出さないよう慎重に外してください。
外す時に少し引っ掛かりがあるので注意。

あとはパーツを手前から外していきます。

このスプリングがかなり固く、ペンチを使わないと足が外せません。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165853j:plain:h300

外したハンマー一式です。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165859j:plain:h350

ガスタンクはランヤードリング付近の左側からねじ止めされています。

ガスタンクが外れたら、金色の大きなマイナスねじを外して中にあるバルブ類を取り出してください。
ねじは10円玉で回せます。

修理

ガスタンクの、バルブの細い部分が通る穴を4.5㎜の金属用ドリルで拡張します。

拡張すべき穴は、下の画像の赤枠部分にあります。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165926j:plain:h350


ドリルを使ってもともとある穴を広げる場合、ドリルの先端(中心)を固定できないためドリルに無理な力がかかりやすいです。よくドリルが折れます。
また、ドリルがぶれて穴が曲がりやすいです。

そのため、電動ドリルではなく手動のハンドドリルか ピンバイス を使ってください。

今回は ピンバイス ではドリルが空回りしたため、手回しドリルを使いました。

 穴を拡張する際には、くれぐれも慎重にドリルを進めてください。
おかしな抵抗を感じたら一度ドリルを戻して引き抜き、もう一度ドリルをまっすぐ入れなおしましょう。
それなりに時間はかかりますが、失敗したら元も子もないので焦らないでください。
  穴を拡張できたらやすりで削って整えます。
削りかすはエアダスターで飛ばしましょう。

あとは元通り組み立てれば完成です。
が、その前に、バルブのOリングとガスルートのOリングに高粘度グリスを塗ります。
ガスルートのOリングは、下の写真の丸の位置にあります。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165931j:plain:h350


グリスを塗ることで気密が保たれます。

私はいつも 東京マルイの電動ガン用グリス に付属する高粘度タイプを使っています。

普通のグリスは粘度が低く、ガスの力でグリスが吹き飛ばされてしまいます
逆に、高粘度グリスをスライドや歯車などの可動部に塗ると抵抗が増えて故障の原因になるので注意。あくまで気密をとるために使ってください。

結果

修理後、元通り使えるようになりました。

f:id:Jo-Bitaki:20191117165839j:plain:h300

ガスを入れた状態で一晩おいてもガスは残っていたので、ガス漏れの心配もないでしょう。

お気に入りの銃なので治って本当にうれしいです。

関連記事

【マルシン】ホップアップを無効にして弾道を安定させる【ガスリボルバー】

ガスガンのマガジンを「可逆的に」改造して外部ソース化【KSC M11A1】

ガスガン用エアタンクにドレンコックを追加

TOP EBB M4 ライブカート用アナログ残弾計の自作

クラウン ボディーガード380のサイレンサーに消音材を追加