ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

マガジンが入らなくなったKSC M11A1の修理

f:id:Jo-Bitaki:20190729223820j:plain:w300

前回の記事で外部ソース化したKSC M11A1で久しぶりに遊んでいたら、突然マガジンが入らなくなりました

コッキング状態にするとマガジンは入るのですが、そこからトリガーを引いても作動しません。

原因と修理方法が判明したのでご紹介します。

\新しい銃を買う前に/

査定無料・キャンセル料&返送料0円

原因

分解してみるとバルブノッカーのスプリングが外れていることが判明しました。

下は正常に動作していた時の写真です。
すでにこの時点で丸で囲った部分のスプリングが外れかけているのが分かります。

f:id:Jo-Bitaki:20190810234550j:plain


下は今回の故障状態の写真です。
スプリングの足が完全に外れています。

f:id:Jo-Bitaki:20190810235639j:plain:w400

作業内容

スプリングをはめなおすだけで修理は完了します。
が、正攻法で行くなら下の動画のような完全分解をしなければならずかなり面倒です。


ここでふと考えました。
「分解していない状態でスプリングが外れたのだから、分解せずにはめられるはずなのでは?」

ということで、今回は通常分解の状態で修理することにしました。

まず、スプリングのテンションを減らすために長いほうの足を向かって右側に退避させておきます。

f:id:Jo-Bitaki:20190914211913j:plain:w300


そして、精密ドライバーをパーツの隙間から差し込み、スプリングの短いほうの足を掬うようにして正常位置に戻します。

f:id:Jo-Bitaki:20190810234126j:plain:w300

写真には写っていませんが、実際には片方の手でノッカーを押さえながら作業をしました。
また、スプリングの足は斜めにしてパーツの隙間を通すようにするとうまくはまりました。

最後に長いほうの足をもとの位置まで引き上げて完成です。

関連記事

ガスガンのマガジンを「可逆的に」改造して外部ソース化【KSC M11A1】 - ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

プロテック コネクティブプラグの対応表を分かりやすく作り直してみた

【マルシン】ガスが入らなくなったポリスリボルバーの修理【ガスリボルバー】

TOP EBB M4 ライブカート用アナログ残弾計の自作