ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

iTunesカードで入金したお金が使えない時の対処法

f:id:Jo-Bitaki:20200222140658j:plain:h300

先日、Apple IDにiTunesカードで入金した後にアプリ内課金をしようとした。ところが、残額があるにもかかわらず支払いができなかった。
その時に実施した対処法をご紹介する。

発生した問題

App内課金をしようとしたら、「お支払情報を確認してください」というダイアログが表示された。
「続ける」をタップすると設定アプリの「支払い情報」に遷移するが、「Apple ID」を選んでも入金用のボタンが表示されるだけでなにもできなかった。

f:id:Jo-Bitaki:20200102234532j:plain:h200

もちろん、課金に必要なだけの残高があることは確認済みである。

解決法

別の支払い方法を追加することでApple IDの残高が使えるようになった。
手順は以下の通り。

  1. 設定アプリを開いて一番上に表示される名前の部分をタップ
  2. 「支払いと連絡先」をタップ
  3. 「お支払い方法を追加」でキャリア決済を選ぶかクレジットカードを登録する
f:id:Jo-Bitaki:20200102234528j:plain:h200

私は登録が簡単な「キャリア決済」を選択した。

その後に改めてアプリ内課金をしたところ、無事Apple IDから支払うことができた。
Apple IDに残高がある場合はほかの支払い方法に優先して使われるようだ。

直後、事故を防ぐために「支払い方法」からキャリア決済は削除しておいた。

おわりに

どうもiTunesカードでの入金は、Appleがいう「支払い方法」のうちに入らないようだ。

Apple ID のクレジットの残高で支払う場合でも、クレジットカードを登録しておかなければ購入できないことがあります。
出典:App Store & iTunes ギフトカードとコンテンツコードを使う - Apple サポート

以前(最後に課金したのは5年以上前だが)はiTunesカードのコードを入力するだけですんなり支払えたのに、いつの間にこのような仕様に変わったのだろうか。
おそらく、アップルとしてはキャリア決済かクレジットカードの登録を必須にすることで、「課金しようと思ったけど残高がないからやめよう」といった機会損失を減らしたいのかもしれない。

厄介なのはファミリー共有を設定している場合である。
実際に私に発生した事例では、管理者の支払い方法が登録・確認されない限りメンバーが独自にiTunesカードで支払うことができなかった。
この場合もコード入力による入金だけはできるのがなかなかいやらしい。

関連記事

【iPhone】 フルページのスクリーンショットを撮っても途中までしか保存できない時の対処法

【Apple ID】支払い方法の登録でクレジットカードの有効期限が入力できない時の対処法