ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

保険料の支払いを止めて保障だけ得る2つの方法

f:id:Jo-Bitaki:20200311201630j:plain:w500

「毎月の保険料が何万円にもなり家計が苦しい」
「解約したいが保障がなくなるのも不安」
と思うことはありませんか。

そうした場合、解約はせずに契約内容を変更して保険料の支払いを中止するという選択肢があります。
あくまでも解約ではなく契約内容の変更であるため、保障がしばらく継続するのです。
その間により安い保険に乗り換えてしまえば、保障の空白期間は発生しません。

この記事では2通りの契約変更をご紹介します。

保障が継続する仕組み

「なぜ保険料を払わないのに保障が続くのか?」
と怪しく思われるかもしれません。

その仕組みは簡単で、その時点での解約返戻金を保険料に充てているのです。

保険を途中で解約すると、「解約返戻金」としてお金がいくらか戻ってきます。
そのお金を受け取らずに保険料として利用すれば、追加の保険料なしで保障が継続できます。

ただし、いくつか注意点があります。

  • 保障期間が短くなったり保障額が減ったりする場合がある
  • 付加されている各種特約は無効になる
  • 解約返戻金が少ない場合や保険の種類により、この仕組みが利用できない場合がある


次に、この仕組みを利用できる2つのパターンを説明します。

延長定期保険への変更

保険料の支払いを中止し、保障期間を短くすることで契約を継続する方法です。

この方法では保障金額は変わりませんが、当初よりも保障期間が短縮されます

払済保険への変更

保険料の支払いを中止し、保障額を少なくすることで契約を継続する方法です。

この方法では保障期間は変わりませんが、当初よりも保障額が減ることになります。

つまり、保障期間か保証額のどちらか一方を変えない代わりに、もう一方を減らすことで釣り合いをとっているのです。

無料で保険のアドバイスを受けるには

保険の仕組みはかなり複雑で、生半可な知識で太刀打ちできそうにありません。

自分で勉強することももちろん重要ですが、プロの力を借りれば短時間で解決できることもあります。

例えば「ほけんのトータルプロフェッショナル」では、プロのアドバイザーに無料何度でも相談できます。
納得できなければ実際に契約する必要はありませんし、万が一無理な勧誘があれば(今までにそうしたクレームは一切ないそうですが)電話一本でそのアドバイザーを接触禁止にできます。

さらに、保険のことだけでなく住宅ローンや税金などお金に関する相談全般を受け付けてくれます。
毎月2万円以上の支出を減らせた事例もあります。

「とても自分で勉強する余裕がない」という方は、1~2時間の無料相談を2~3回試してみてはいかがでしょうか。
たった数時間を使うだけで毎年の支出を何万、何十万と減らせるのですから、かなりお得だと思います。
>無料相談を申し込む

関連記事

「家計が苦しい」・「貯金ができない」 その原因はただの知識不足かも