ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

あおり運転厳罰化を機に「道を譲る義務」について再確認する

f:id:Jo-Bitaki:20200312164255p:plain

昨今、あおり運転が社会問題として大きく取り上げられるようになりました。
こうした世論の高まりを受けてか、あおり運転で免許取り消し処分ができるように道路交通法を改正する方針が決まったと各所で報じられています。

ところで、道交法には「後ろの車に追いつかれたら道を譲りなさい」とも書かれていることをご存知でしょうか。
この記事では道を譲る義務について、実際の条文を見ながらご紹介させていただきます。

道路交通法第二十七条第二項について

道路交通法第二十七条(他の車両に追いつかれた車両の義務)の第二項とは次のような条文です。

車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第十八条第一項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。
出典:道路交通法 | e-Gov法令検索

簡単な言葉で要約すると次のようになるでしょうか。

「路線バス以外の車両で車両通行帯が無い道路を走っている時、後続車に追いつかれ、かつ後続車が道路の中央からはみ出さないと自車を追い越せない場合は、できる限り道路の左端によって後続車に道を譲らなければならない
なお、自車と後続車の最高速度の大小は問わない。」

ここでいう「車両」とは乗用車やトラックなどのいわゆる自動車はもちろん、自転車のような「軽車両」、トラクターのような「小型特殊自動車」も含まれます。

また「最高速度」とは、制限速度が定められている道路ならその速度、そうでなければ法定速度です(厳密には車両によって異なりますが)。

例えば、制限時速が40㎞の道路を普通自動車(最高速度=制限速度=時速40㎞)で時速10㎞の速度で走っているときを考えてみます。
この時に、後ろから時速20㎞で走ってきた原動機付自転車(最高速度=法定速度=時速30㎞)に追いつかれた場合、普通自動車側に時速20㎞以上で走るつもりがなければ原付に道を譲らなければならないということです。

次に、この条文について詳しく見ていきましょう。

「車両通行帯がない道路」とは?

車両通行帯については、以下のサイトでとても詳細かつ分かりやすく解説されています。

blog.livedoor.jp

上のサイトによれば、基本的には「片側一車線以下の道路」が「車両通行帯がない道路」とのこと。
すなわち、片側が一車線しかないか、センターラインすらない道路のことです。

では、「片側が二車線以上ある」なら「車両通行帯がある」かといえばそうとも限らず、車線の区切り線を誰が引いたのかによって扱いが変わるらしいです。

  • 線を引いたのが「道路管理者」なら、それはただの「区画線」であるため「車両通行帯」ではない
  • 線を引いたのが「交通管理者(=警察)」なら「道路標示」になるため「車両通行帯」である

しかし、両者は見た目が全く同じであるため、警察に問い合わせてみない限り見分けられないとのこと。
ただし、いわゆる「バス専用レーン」のような、「上乗せ規制」がある道路なら確実に車両通行帯といえるらしいです。

「進路を譲る」とは?

改めて道交法第二十七条第二項を見てみると、次のような一文があります。

(略)できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。

ただ「道路の左端に寄れ」ではなく、道路の左端に寄って「進路を譲れ」とまで書かれています。
この文言が重要なポイントで、以下のサイトにて弁護士の方が次のように説明されています。

多くの場合、(進路を譲る際には)一時停止または徐行しなければならないとされています。

www.bengo4.com

つまり、左端に寄りさえすればそのまま走り続けてもいいわけではなく、一時停止や徐行をして後続車が追い越しやすいようにしなければ「進路を譲る」ことにはならないのです。

ところで、「進路を譲る」といえば緊急車両のことが思い出されるのではないでしょうか。 道路交通法第四十条(緊急自動車の優先)には次のような記述があります。

交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となつている道路においてその左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項において同じ。)に寄つて一時停止しなければならない。
2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左側に寄つて、これに進路を譲らなければならない。

 第二項に注目してください。前述の第二十七条第二項とほぼ同じ言い回しで、「進路を譲らなければならない」と書かれています。
「緊急車両に道を譲る」となれば基本的に「一時停止」を伴うことに異論はないと思います。
であれば、「後続車に道を譲る」でも「一時停止または徐行」が必要という話にも納得できるのではないでしょうか。

「制限速度を守っている」は免罪符にはならない

f:id:Jo-Bitaki:20191210213426j:plain:w400

なかには、「自分は制限速度(厳密には最高速度)を守って走っているのだから文句を言われる筋合いはない」という意見もあるかもしれません。

しかし、もう一度条文をよく見てください。「最高速度以内で走っているなら譲らなくてもよい」とは一言も書かれていません。問題になるのは、あくまでも実際の走行速度なのです。

冒頭でも述べたことですが、もしも原付のほうが普通車よりも速く走っているのであれば、道を譲らなければならないのは普通車のほうです。
これはなにも私だけの見解ではなく、例えば以下のサイトには次のように書かれています。

両車ともに制限速度以内で走っていることが前提の話だが、重要なのは『制限速度で走っていても譲る義務がある』ということ

www.webcartop.jp

では、自車は制限速度を守って走っているのに、後続車が制限速度を超えて追いついてきた場合も譲らなければならないのでしょうか?

実のところ、私が調べた限りでは明確な答えは得られませんでした。
前述の弁護士の方は次のように述べられています。

制限速度違反の場合については(進路を譲る)義務が生じないというのが有力説と思われますが、やはり議論のあるところです

少し歯切れが悪く、いまだ論争があることをうかがわせます。

個人的な意見としては、後続車が自分より急いでいるようなら制限速度に関わらず先に行かせるほうがお互いのためだと思います。法解釈の話はともかく、自車の後方に長い車列を従えながらゆっくり走り続けるのは、まともな神経の持ち主であれば精神衛生上も良くないでしょう。

また、道路交通法第一条には次のように記載されています。

この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。

法律の趣旨に照らせば、全ての運転者は交通の流れがスムーズになるような走り方を心がけるべきではないでしょうか。

どの時点で「進路を譲る義務」が生じるか?

何をもって「追いつかれた」とするかですが、これについては以下のサイトが分かりやすいと思います。

law.jablaw.org

ようするに、後続車が安全を確保できる最低限の車間距離にまで近づき、かつウィンカーを出して追い越しを開始した時点ということらしいです。
つまり、後続車も道を譲ってほしければ追い越しの意思表示をきちんとしなければなりません。
とはいえ、舞台が追い越し車線の場合はどうすればいいのでしょうか。。

おわりに

今回の記事は、かつてないほど「あおり運転」が注目されている今、「進路を譲る義務」についてももっと周知されるべきだと思って書きました。

もちろん、何キロにもわたって執拗に追跡したり、車を無理やり停止させて殴りかかったりするような悪質な行為は論外です。
しかし、流れを無視して後続車のことなど気にも留めずにのろのろ走る自動車や、片側一車線の狭い道をふらふらと走り渋滞を引き起こす自転車についても、今一度「危険の防止」や「円滑な交通」の観点から注目されるべきではないでしょうか。
上に示した条文にもある通り、「進路を譲る義務」が唯一免除されるのは路線バス(とトロリーバス)だけです。

ついでに言わせてもらえば、「ブレーキを踏んでから方向指示器を出す」人、危険なので今すぐやめてください。

おまけ1:道路交通法第二十七条第一項と自動車学校の陰謀(?)

今回の主題は道路交通法第二十七条(他の車両に追いつかれた車両の義務)の第二項ですが、第一項は次のような条文です。

車両(道路運送法第九条第一項に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第五条第一項第三号に規定する路線定期運行又は同法第三条第二号に掲げる特定旅客自動車運送事業の用に供する自動車(以下「乗合自動車」という。)及びトロリーバスを除く。)は、第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度(以下この条において「最高速度」という。)が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

簡単に言えば、「追い越されている最中はスピードを上げるな」ということですね。

私は自動車学校で第一項の内容を教わりましたが、第二項の「進路を譲る義務」については習った記憶がありません。
第一項は危険防止のために重要な条文ですが、第二項も円滑な交通のために同じく重要と思われます。にもかかわらず、自動車学校ではなぜあまり触れられないのでしょうか?

ここからは私の憶測ですが、仮免許の講習中に「進路を譲る義務」を律儀に守っていると公道での教習が長引き、生徒の回転が悪くなるからではないでしょうか。道交法第二十七条第二項での摘発事例は聞いたことがないため、これ幸いと意図的に無視しているのではないかと邪推しています。

おまけ2:判例タイムズ

以下に示した「判例タイムズ」という雑誌をご存じでしょうか。その名の通り、様々な判例をまとめた雑誌です。

この雑誌の別冊に、下の「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」があります。交通事故で過失相殺となる状況が図入りで解説されており、保険会社の必需品になっているらしいです。

税込5500円もするので個人で気軽に買える代物ではありませんが、こうした本の存在を知っているだけで何かの役に立つかもしれません。

関連記事

車用サンシェード(ドラレコ対応)の紹介と小改造

【思いつき】自動運転が実現した世界では何が起こるか?【その4】