ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

安い珪藻土マットは大家族でも十分に使える【感想・レビュー】

最近、珪藻土のバスマットが何かと話題になっている。
私も以前から気になっていたのだが、「珪藻土は高価」みたいな謎の先入観があって敬遠していた。

ところが、DCMカーマが1000円ちょっとの安い製品を売っていることを最近知った。早速購入し、6人家族で3か月ほど使ってみたのでご紹介。

最初に言っておくとかなり良い買い物だった
正直、安いからかなり不安だったのだが、正しく使ってさえいれば長く使えそうである。この記事ではそのあたりのことも併せてご紹介する。

そもそも珪藻土って?

珪藻土とは、珪藻(藻類の一種)の殻の化石が集まってできた岩石のこと。

表面に小さな穴がたくさん空いているため水をよく吸い、吸水・吸湿性能に優れる。また、自立呼吸によって水分を放出するため速乾性にも優れる。

バスマットのほか、下のようなコースターや乾燥材としても利用されている。

なぜDCMの製品を選んだのか

一番の理由は安かったから
最も大きなLサイズでも2000円もせずに買える。

もう一つの理由は有名な国内ブランドだから。
DCMブランドといえば「カーマ」というホームセンターを全国規模で展開している。そして、自社のブランドを冠した工具類もたくさん販売している。
そうした会社であれば、自分のブランド名でおかしなものを売ることはないだろうという打算的な考えである。でないと企業イメージに傷がつく。

結果的にこの考え方は正しかったと思う。

レビュー

外観など

パッケージはダンボール製。バスマット自体はさらにプチプチの袋に入っている。

f:id:Jo-Bitaki:20191124143621j:plain:w500

本体を取り出したところ。色はホワイト・ピンク・グリーンの3種類がある。その中で一番汚れが目立たなそうなグリーンを購入した。

f:id:Jo-Bitaki:20191124143631j:plain:w500

ホワイトはもちろんのこと、ピンクも意外と汚れが目立つのである。

サイズはMとLの2種類ある。大きさは、Mが奥行き29×幅45×厚さ0.9㎝、Lが奥行き40×幅55×厚さ0.9㎝。

今回購入したのはLサイズ

これは、もともと使っていたバスマットの大きさに近い。

楽天市場での本体価格は1440円(2020年2月22日時点)。


一方、Mサイズは大きめのまな板くらいのサイズで、成人男性の足には少し窮屈かも。

こちらはさらに安く、楽天市場で本体価格1120円(2020年2月22日時点)。

うれしいのが、400番のサンドペーパー(紙やすり)が付属している点

f:id:Jo-Bitaki:20191124143641j:plain:w500

珪藻土バスマットは使っているうちに皮脂が付着してくる。すると目詰まりを起こし、吸水力が低下してしまうのである。
そんな時には紙やすりで表面を削るというメンテナンスが必要になるのだが、その紙やすりが付属しているので別途用意する手間が省けてありがたい。

お手入れ方法

使用後は壁に立てかけて陰干しするだけですっかり乾く。天日干しはするなと注意書きがあった。

前述の通り、使ううちに目詰まりを起こして吸水性能が落ちることがある。 その場合は400番あたりの紙やすり(商品に付属している)で表面を削る。 平面を出すため、紙やすりにはかまぼこの板などで当て木をすることをおすすめする。

なお、我が家では6人で3か月間使っているが、いまだにやすりが必要になったことは無い

使用した感想【とても良かった】

うたい文句通り、吸水性能はとても高い。風呂上がりに足を乗せるだけで、すぐに水が吸われて足がサラサラになる。
そのうえ、マット自体も30分以内にはほとんど乾くため、複数の人間が次々に風呂に入ったとしても問題ない。

冒頭でも述べたように私の家は6人家族であり、普通のバスマットだと二人目以降はどんどん湿っていき、足を乗せてもあまり水分を吸ってくれなかった。
しかし、珪藻土バスマットはいつでも湿り気がない。これだけよく乾くならカビの心配もいらないのではと思う。

洗濯が不要という点も想像以上に魅力的だった。使用後はその場で壁に立てかけておくだけでよく、洗ったり干しに行ったりする手間がかからない。

f:id:Jo-Bitaki:20191124143647j:plain:w500

さらに、ゴミがたまらないというメリットもあった。
従来のバスマットだと毛足の間に髪の毛やほこりがからまるが、珪藻土バスマットはただの板なのでゴミが落ちてもさっと払うだけできれいになる。そのため、清潔な状態を簡単に保てる。

しいて悪いところを上げるとすれば、固い・重いという点だろうか。
ただ、どれも普通のバスマットに比べたら多少気になるという程度であり、致命的なものではない。普通のバスマットより重いのは確かだが、女性でも楽に持ち上げられる重さであるし、そもそも洗濯のために持ち運ぶこともないのでそれほど問題にはならないだろう。

購入前は冷たいのではないかと心配していたが、その点は問題なかった。
別に金属でできているわけではないので室温程度の温かさはある。

使用上の注意点

マットに足をこすりつけると吸水性能が低下しやすくなるかもしれない。なぜなら、削れた皮膚や油脂が目詰まりを引き起こすと考えられるからである。

珪藻土は従来のマットと異なり、足を乗せるだけで十分水気が取れるので、そもそも擦り付ける必要は全くない。

そうした注意をしているおかげか、我が家では購入から2か月たっても吸水性能が落ちる気配はない。

まとめ

以上をまとめると、

良い点(メリット)
  • 足がすぐ乾く
  • バスマット自体もすぐ乾くので清潔
  • 洗濯・乾燥が不要
  • ゴミが絡まないので清潔
  • DCMブランドのものは紙やすりが付属している

とにかく速乾清潔、これに尽きる。

悪い点(デメリット)
  • 重い
  • 固い

安いので心配していたが、普通のバスマットよりずっと快適である。
これがあるだけで風呂上がりのストレスや洗濯の手間がなくなり、かなりの時間短縮になる。

>Lサイズ

>Mサイズ