ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

椅子のキャスターが外れないときの対処法

f:id:Jo-Bitaki:20200612204510p:plain

一般的なオフィスチェアのキャスターは、ただ脚の基部に差し込まれているだけです。そのため、引き抜けば簡単に交換することができます。

f:id:Jo-Bitaki:20190907225341j:plain:h300

しかし、中には固すぎてどうやっても外せないことも。
この記事では、そうした場合の対処法をご紹介します。
ただし、椅子の脚の基部が金属製でないと使えない点をご了承ください。

最初に試してほしいこと

通常、椅子のキャスター交換(取り外し)は非常に簡単です。

まず、下準備として背もたれや肘掛けを外しておきます。

次に、椅子をひっくり返します。

f:id:Jo-Bitaki:20190907225353j:plain:h300

あとは、キャスターを引き抜くだけです。

もしも手の力では外せないのなら、 ゴムハンマー でキャスターを叩くことをおすすめします。その名の通りゴムでできたハンマーなので、対象物を傷つけません。

下に貼ったハンマーはゴム・プラの両方がついているので幅広い場面で活躍することでしょう。

ゴムハンマー はキャスターを椅子にはめる時にも使えます。

上記の方法ではキャスターが抜けない場合、次の方法をお試しください。

どうしてもキャスターが外れない時の対処法

キャスターの構造は下の写真のようになっています。

f:id:Jo-Bitaki:20190831123246j:plain:h300

基本的に、キャスターは金属棒がくっついた状態で引き抜きます(写真の左側)。
写真の右側は、キャスターから外した金属棒です。

キャスターが椅子から外れない場合は、先にキャスターを金属棒から外し、そのあとに椅子に残った金属棒を引き抜くことで解決できます。 

まずは脚の金属部分(写真の赤丸付近)を ヒートガン で加熱し、キャスターに埋まった金属棒に熱を伝えます

f:id:Jo-Bitaki:20190831123210j:plain:h300

ヒートガンの熱風をキャスター本体のプラスチック部分に当てると、キャスターが変形する恐れがあるのでご注意。

ドライヤーでも加熱はできますが、 ヒートガン より温度が低いのでかなり時間がかかります。

脚を手でぎりぎり触れるくらいまで加熱したら、キャスターを ゴムハンマー でたたいてください。うまく熱が伝わっていれば、キャスターの本体だけが抜けるはずです。

その後、椅子に残った金属棒を ウォーターポンププライヤー で引き抜きます。
かなりの力が必要なため、ペンチでは代用できません。

ただし、プライヤーで金属棒を直接つかむと傷がつくので注意。布を何重かに巻き付け、その上からつかむことをおすすめします。

「それなら最初からキャスターを プライヤー で掴んで引き抜けばいいじゃないか」と思われたかもしれません。
しかし、キャスターはプラスチック製のため、変形または破損するだけで力がうまく伝わらないのです。キャスターが壊れるだけなので、絶対に プライヤー でキャスターをつかまないでください(私の経験談)。

机・椅子のDIY記事

低い椅子をキャスターの交換で高くする方法

キャスターを交換して椅子を低くしよう
上の記事とは逆に椅子を「低く」しています。

座面が高すぎる椅子のキャスターを交換して低くする方法
移動が少し不便になりますが、固定脚にすれば椅子をかなり低くできます。

低い机を脚の延長で高くする方法
こちらは「机」を高くする方法です。