ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

クラウン ボディーガード380のサイレンサーに消音材を追加

f:id:Jo-Bitaki:20191023211503j:plain:w400

※この記事の内容はどのサイレンサーにも使えます。

クラウン製10禁エアコッキングガンのボディーガード380にはサイレンサー付きのモデルがある(上の写真)。

このサイレンサーは二重構造になっており、内部にはリコーダーのような穴の開いた筒が入っている。しかし、スポンジなどの消音材は入っていないので消音効果はあまりない。それどころか音がサイレンサーの中で反響し、体感としてはむしろ発射音が目立つような気さえする。

そこで、サイレンサーに入れる消音材を制作した。

参考サイト

今回の改造に当たり、材料から加工法まで大いに参考にさせていただいた。

den-ken.net

材料

  • メラミンスポンジ
  • 外形10㎜の金属パイプ
  • アルミ缶

上のサイト様が行われた実験によると、身近な材料の中ではメラミンスポンジが最も消音効果が高いとのこと。というわけでこれを切り出して消音材に加工する。

メラミンスポンジは100円ショップの掃除用スポンジから調達。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192731j:plain

厚さは約26㎜。これよりも厚いものもあったが、あまりに厚いとまっすぐな穴あけが難しくなるかもしれないと思ったのでこの厚さを選んだ。

10㎜の金属パイプは、弾が通り抜けるための穴をスポンジに空けるのに使う。

こちらも同じく100円ショップのつっぱり棒から調達する。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192701j:plain

作業がしやすいように一番短いものを購入した。

アルミ缶は消音材をサイレンサーの内径に合わせて切り出すのに使用する。

作業内容

今回はサイレンサー内の筒をねじ部分を残して切除し、空いた空間にメラミンスポンジを入れるという方針で行くことにする。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192809j:plain

サイレンサーを分解した図。

下準備

ここではスポンジの切り出しに必要な刃物を作る。

アルミ缶の加工

アルミ缶の側面を切り出し、小さく丸めてテープで留めておく。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192712j:plain

サイレンサーの内径よりも小さく丸める。これによりアルミにくせがつき、スポンジを切り出すときに好きな大きさに丸めやすくなる。

ある程度時間がたったらサイレンサーの内径に合わせて丸めなおす。アルミは適宜必要な大きさに切る。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192746j:plain

今回はサイレンサー内に入っていた筒を利用した。

アルミ缶の切り口はかなり鋭いので作業中は必ず手袋をすること。

でないと、気がつくと手のひらの皮がなますのようになる(私はなった)。

切れ味抜群で痛みがない分たちが悪い。

スチールパイプの加工

まずはつっぱり棒を分解する。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192705j:plain

太いほうの筒にスプリングの抜け止め用の窪みがあるので、その部分を切り落とすことでスプリングと細い筒を抜き出した。写真の下のほうに小さく映っているC型の物体が切り落とした部分である。加工には細いほうの筒を使用する。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192722j:plain

細いほうの筒の先端の内側をやすりでテーパー加工する。

スポンジの加工

位置決めのために型紙を作り、スポンジに印をつけておく。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192736j:plain

内側の円が弾の通り道、外側の円がサイレンサーの内径になる。

最初に内側の円を切り抜く。

f:id:Jo-Bitaki:20191023211455j:plain

加工した筒を回転させながらスポンジに押し付ければ抵抗なく切れる。

できるだけまっすぐに切り抜くために、スポンジを90度ずつ回転させながら少しずつ筒を押し込んでいった。

次に、同じ要領で外側の円を切り抜く。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192752j:plain

作業がやりやすいようにアルミ缶はサイレンサーの筒につけたまま使用した。

この後はスポンジをサイレンサーに入れてみて、弾が通り抜けられそうか確認する。

また、サイレンサーに全てのスポンジを入れた状態で再度金属パイプを通し、穴をあけなおす。これによりスポンジの穴が一直線に並ぶようになる。

サイレンサーの加工

サイレンサーの内側の筒を切る。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192817j:plain

ねじ側から見て1つ目の仕切り版を境にして切った。

スポンジの着色

スポンジが真っ白のままだとサイレンサーとして少しかっこ悪いので、スポンジを黒く染める。

着色にはアクリルガッシュを使用した。アクリルガッシュは水彩絵の具でありながら乾くと耐水性になる。さらに、

  • スポンジへの食いつきが良い
  • 下地の隠ぺい力が高い
  • 乾くと艶消しになる

といった特長があるのでお勧めである。乾くと色が薄くなったため、絵の具の伸びが悪いからと言ってあまり水で薄めすぎないほうがいいだろう。

私が使用した画材はこちら。

約10年ぶりに使用したが、固まったり分離したりせず問題なく使えた。驚くべき保存性である。

最初は普通の水彩絵の具を使用したがいつまでたっても色が定着しなかったため、結局洗い流してアクリルガッシュで再塗装するはめになった。

参考:画材の違いについて | 株式会社サクラクレパス

完成

f:id:Jo-Bitaki:20191022192833j:plain

全パーツの集合写真。

ねじ部分はばらけないようにマスキングテープを巻き付けてある。

スポンジの着色箇所は穴の内部とサイレンサーの両端の面。真っ黒というよりは炭のような少し灰色に近い黒色になった。

ドーナツ状の部品は工作用紙で作った仕切り版。遮音効果を期待してスポンジの間に1枚ずつ入れた。

結果

加工前のノーマルのサイレンサーと比べて反響音のような高音部分が消えた気がする。「ほぼ無音になる」といった劇的な変化があるわけではないので、工作そのものを楽しめなければ徒労に感じるかもしれない。しかしながら消音材の自作には、性能の当たりはずれを気にせずに好きなサプレッサーを買えるようになるという大きなメリットもある。

f:id:Jo-Bitaki:20191031201818j:plain

サイレンサーをつけている時といない時とを比べると、つけているときのほうが明らかに発射音の高音部分が消えており、くぐもった音になった。

なお、弾道への悪影響はなさそうだった。

1つ注意していただきたいのは、サイレンサー内の筒が短くなることでねじ部分が前方へ動くようになる点である。銃に完全にねじ込んでしまえば問題ないが、ねじ込む際に銃に強く押し付けるとねじが回り止めから外れる恐れがある。今回は入れられるスポンジの量を増やすためにサイレンサー内部のパイプを切断したが、切らずにパイプの周囲にスポンジを巻き付ける形にすればねじが外れる心配をせずに済んだだろう。

おまけ:マルイのサイレンサーの消音材を交換

東京マルイのプロサイレンサー ショートの消音材もメラミンスポンジに交換してみた。

f:id:Jo-Bitaki:20191022192827j:plain

こちらの仕切り板はプラバンで制作した。

このサイレンサーは主にS2S ワルサーP99で使用している。

www.joe-hitagi.com

ご存じですか?エアガンの「宅配買取」

f:id:Jo-Bitaki:20200307134122p:plain:w300
  • コレクションが増えすぎたので整理したい
  • 新しい銃を買うための資金作りをしたい

そんなときにはサバゲ―タウンの宅配買取がおすすめです。

使い方は簡単。

  1. WEBで査定を申し込む
  2. 査定したいコレクションを着払いで送る(必要なら事前にダンボールを無料で送ってもらえます)
  3. 査定が完了したら金額をメールでお知らせ
  4. 金額に満足したら指定の口座へ振り込み

※査定にかかる送料・査定料・返送料はすべて無料

さらに、サバゲ―タウンでは壊れているもの・改造してあるものでも買取可能です(※内容によります)。
気になった方は一度ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

>無料査定を申し込む