ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

「招待者」を表す英単語には何が適切なのか?

f:id:Jo-Bitaki:20200222140602j:plain:h300

先日、外国の方から日本語の文章の英訳を頼まれたのですが、そこに出てきた「招待者」にどのような英単語をあてるべきか悩みました。

幸い、色々と調べてみて答えが見つかりましたので、この記事で調査結果をシェアします。

悩んだこと

日本語で「招待者」といった場合、「招待される人(ゲスト側)」と「招待する人(ホスト側)」の2通りの可能性があります。

私が英訳を頼まれた文章の場合、文脈から「招待する人(ホスト)」を指していると推測されました。
しかし、Google翻訳やインターネット検索で「招待者」と調べると、「招待される人(ゲスト)」を表す英単語しか出てこなかったのです。

調査結果

「招待者」を意味する英単語

結論から述べると、「招待される人(ゲスト)」は「invitee」「招待する人(ホスト)」は「inviter」のようです(出典:ジーニアス英和辞典およびオーレックス英和辞典)。

ちょうど「employee(被雇用者)」と「employer(雇用主)」の関係と同じなのでしょう。

Google翻訳では日本語の「招待者」は「invitee」と英訳されます。
しかし、英語の「invitee」と「inviter」はどちらも「招待者」と和訳されるので混乱します。

外務省による翻訳

ところが、外務省が公開している「招へい理由書」*1では別の英訳があてられています。
 参考:招へい理由書Invitation Letter(招へい理由書の英語版)

上の資料を見ると、日本語の書類では「招へい人」と書かれているところが英語版では「Inviting Person」となっている事がわかります。

ここでの「Inviting」は、文書の内容からして「invite(招待する)」の現在分詞(形容詞的用法の動名詞)として使われていると思われます。
すなわち、「Inviting Person」で「招待する人」(ホスト側)を表しているのです。

しかし、ジーニアス英和辞典およびオーレックス英和辞典で「Inviting」を調べてみると「魅力的な」を意味する形容詞だと書かれています。
実際のところはネイティブに聞いてみないと分かりませんが、「Inviting Person」という訳語はどうも誤解を招きかねない直訳に思えてしまいます。「inviter」としてはダメな理由が何かあるのでしょうか。

結論

  • 「招待者」を英訳する際、「招待される人(ゲスト)」という意味なら「invitee」、「招待する人(ホスト)」なら「inviter」という英単語をあてる。
  • 外務省では「招待する人(ホスト)」を「Inviting Person」と訳している。しかし、「inviting」には「魅力的な」という意味があるため適切な訳であるかは疑問。
  • Google翻訳では文脈によらず「招待者」は「invitee」と訳されるので注意。

関連記事

「いわゆる」の英訳に要注意 こちらは「いわゆる」の英訳について書いています。短いのですぐ読めます。

*1:日本人が外国人を日本に呼び寄せるときに提出するビザの申請書類