ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

ラバーコーティングのべたつきをエタノールで除去

我が家には非常用にソラーパネル付き懐中電灯がある。

懐中電灯の本体はプラスチックでその表面にゴムがコーティングしてあるのだが、経年劣化でゴムがべとべとに溶けたようになってしまった。

こうしたゴムをエタノールで簡単に除去できたので、今回はその事例をご紹介する。

修理前の状態

表面のゴムがべたつくせいでほこりが大量に付着している。

見た目にも汚らしいし、触ると手にゴムが張り付いてきてとても日常生活で使う気にはなれない。

f:id:Jo-Bitaki:20191022191437j:plain

材料

今回メインで使用したのはただのエタノール。「消毒用エタノール」と同様、薬局で購入できる。

f:id:Jo-Bitaki:20191022191428j:plain

このエタノールと消毒用エタノールとの違いはエタノール濃度である。

消毒用はエタノール濃度がおよそ75~80vol%なのに対し、このエタノールは濃度が95.1~96.9vol%とエタノールの割合が多い。エタノールの濃度が高いほど短時間で蒸発するため、消毒には不向きだが水気を嫌う精密機器の洗浄には使いやすい。

さらに、今回は補助的に消毒用エタノールも使用した。詳しくは後述する。

実をいうと、当初はエタノール濃度99vol%以上の「無水エタノール」を買うつもりだったが、近所の薬局には売っていなかった。店員さんに尋ねたところ、「このエタノールも名前が違うだけで無水エタノールと同じものだ」というような説明をされたが、改めて考えるとエタノール濃度に結構な差があるので騙されたような気がしてくる。

無水エタノールのほうが含まれる水分量はさらに少ないため、精密機器の洗浄により適していると思われる。

注意

エタノールは塗装やニス、ABS樹脂などを変質させる恐れがある。そのため、あらかじめ対象物の材質を確認したり、目立たない場所で少し試し塗りをしたりすることをお勧めする。

特に「プラスチックの成形色そのままに見えるが実は透明なつや消し塗装がされている」物の場合、エタノールが付着した部分だけテカってかなり目立つので注意。

参考:無水エタノールを安全に使うためのルール|無水エタノール|健栄製薬

作業内容と結果

作業自体は単純で、布にエタノールを含ませてゴムをふき取るだけである。

エタノールは少し多めにつけたほうが汚れを落としやすく、軽い力でラバーコーティングをはがすことができる。すぐに蒸発するため乾拭きも不要。

ただし、何回こすってもゴムが落ちにくく、先にエタノールが蒸発してしまう部分もあった。そうした場所にはゆっくりと蒸発する消毒用エタノールを使い、液体が内部に入り込まないよう注意しつつ根気よく拭き続けることでコーティングをふき取ることができた。

下は洗浄後の写真。

f:id:Jo-Bitaki:20191022191446j:plain

汚れとラバーコーティングがきれいに除去され、地のプラスチックの光沢が現れた。

もちろん、べたつきもなくなった。

番外:粗品の企業ロゴをイソプロピルアルコールで除去

粗品(ノベルティ)として貰うボールペンなどにはでかでかと企業ロゴが印字されていることが多い。

こうしたロゴはイソプロピルアルコール(IPA)でふき取ることができる。ガソリン用水抜き剤として市販されているものが手に入れやすいだろう。製品を使いたいがロゴが気になってしまうという方はお試しあれ。ただし、なかには何をやっても落とせないロゴもあることをご了承いただきたい。

イソプロピルアルコールもプラスチックなどを変質させる恐れがあるので注意。また、人体への毒性も強いため作業時には手袋が必須である。