ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

iMacがメモリの交換でフリーズした

Mid 2011・21.5-inchのiMacでメモリ交換後にフリーズが頻発するようになった。

症状

レインボーカーソルが出ることもなく画面が突然固まり、マウスやキーボードの操作を一切受け付けなくなる。そのため、電源ボタンで強制終了するしかない。

こうした現象が1日に3、4回発生するようになった。

環境

iMac 21.5-inch Mid2011

OS X Lion 10.7.5

原因

症状の発生タイミングから見てメモリが原因だと推察された。

もともとこのiMacには2GBのメモリが二つ搭載されており、メモリスロットには二つ空きがあった。そこで、その空きスロットに2GBのサードパーティ製メモリをさらに二つ増設した。この時点では何の問題もなく使えていた。

 使用したメモリはこちら。

f:id:Jo-Bitaki:20191010191102j:plain

その後、増設したものと同型のメモリが手に入ったので、もともとiMacに搭載されていた純正メモリと交換した。すなわち、iMacには2GBのサードパーティ製メモリが4つ搭載されたことになる。わざわざそんなことをした理由は、内蔵メモリをすべて同型にそろえたほうがパフォーマンスが向上するかもしれないと思ったからである。

結果はというと、メモリ交換直後からフリーズが多発するようになっただけだった。

修理内容

後から接続したメモリを抜いて、純正のメモリに交換した。

iMac にメモリを取り付ける - Apple サポート

RAMアクセスドアのねじは2番のプラスドライバーがぴったりだった。

最初にねじの大きさを見て1番だろうと思い込んだため、ねじをなめてしまった。

参考:ドライバーの種類と特長 【通販モノタロウ】

メモリを抜くためのタブはかなり固い。

力任せに引くのではなく、まずタブの右端を引っ張り次に左端を引っ張るというように、片端ずつ交互に少しずつ引っぱっていくと少ない力でメモリを外しやすい。

f:id:Jo-Bitaki:20191010191116p:plain

純正メモリはもともとPCの背面側のスロットに挿さっているため、今回はそちら側のメモリのみを交換した。

結果

無事にフリーズが解消された。

ただ、今回の不具合は純正メモリを抜いたことで起きたのか、それとも純正メモリの代わりに入れたメモリに問題があったのかは判然としない。

追記

純正メモリはそのままに、サードパーティ製メモリを一組ずつ入れ替えてそれぞれ1日ずつ使用したところ、いずれの組でもフリーズは発生しなかった。

この結果から、今回の故障の直接の原因は純正メモリを外したことだと思われる。