ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

低い椅子のキャスターを交換して高くする方法

以前、椅子のキャスターを固定脚や別のキャスターに交換して座面高を下げた。

www.joe-hitagi.com

www.joe-hitagi.com

今回はそれとは逆に、別の椅子のキャスターを直径の大きなものに交換することで座面高を上げてみた。

目的

なぜそんなことをしたかというと、一緒に使用している机の高さが76㎝もあり、かつ高さ調節ができない代物だからである。

以前に机を高くしたことはあるが、逆に低くする方法は思いつかなかった。

www.joe-hitagi.com

f:id:Jo-Bitaki:20190915223505j:plain

もともとのキャスターの高さは約6㎝。

材料

直径76㎜(3インチ)と表記のあったポリウレタン製のキャスター。

フローリングで使用するためウレタン製のキャスターを選んだ。

一般的な椅子のキャスターは双輪だが、このキャスターは単輪である。

同程度の直径で双輪のものを探したのだが、Amazonでは見つけられなかった。

なお、この手のキャスターはAmazonに類似品が大量に出品されており、商品説明もそっくりでもはやどれがオリジナルか判断がつかない。もしも購入される場合には気に入ったデザインを選ぶといいのではないだろうか。

作業内容

椅子の背もたれと肘掛けを外してひっくり返し、キャスターを交換するだけである。

ゴムハンマーで叩いたら簡単につけ外しができた。

もしどうしてもキャスターが外れない場合は、下の記事を参考にしていただきたい。

www.joe-hitagi.com

結果

f:id:Jo-Bitaki:20190915223441j:plain

キャスターの高さが約9.2㎝となり、3.2㎝高くなった。

これにより、机が格段に使いやすくなった。

しかし、椅子を動かす向きを逆方向に変える際(例えば前方に向かって動かした直後に後方に向かって動かそうとしたとき)にキャスターの付け根がスムーズに回転(ヨーイング)せず、引っかかる感じがする。

双輪ではなく単輪のため、1つの車輪にかかる圧力が大きいことが原因だろうか。もしくは車輪の真上に方向転換用の回転軸があるため、死点のようなものが生じて力がうまく伝わらないのかもしれない。

また、キャスターの取付軸の直径が、椅子にもともとついていたものより少し細いため、キャスターが少しぐらつく。

ただし、普通に使用する分には全く気にならず、キャスターを宙に浮かせて初めて気づくという程度のものである。

おわりに

机が高すぎる場合は、椅子のキャスターを大きなものに交換して椅子を高くするのもかなり効果的なようだ。姿勢も改善され、肩こりや腰痛対策にもなるのではないだろうか。