ジョー・ヒタギの止リ木 | 「ものづくり」や「ものなおし」をするブログ

色々なものを作ったり直したりするブログです。主な話題は日用品・電子機器・エアガンなど。

ジョー・ヒタギ の 止リ木

キャスターを交換して椅子を低くしよう

f:id:Jo-Bitaki:20190915223452j:plain

以前、新たに購入した コイズミ JG6キャスターを固定脚に変えて座面を低くするという試みをしてみました。
座面が高すぎる椅子のキャスターを交換して低くする方法

その結果、座面を約3㎝低くすることができました。

しかし、やはり固定脚はキャスターよりも椅子の移動がとても不便です。
そこで、純正より背が低い別のキャスターに再度交換してみました。

材料

今回使用したのは、SANWA SUPPLYの ウレタンキャスター SNC-CAST です。

f:id:Jo-Bitaki:20190907225341j:plain:h350

この製品にはウレタン製とナイロン製がありますが、私はフローリングで使用するのでウレタン製を選択しました。ウレタンはナイロンより柔らかいため、床面を傷つけにくいのです。

逆に、カーペットで使う場合はナイロン製をおすすめします。

ウレタン製キャスター▼

ナイロン製キャスター▼

作業内容

作業自体は非常に簡単。
前回と同様、肘掛けと背もたれを外して椅子をひっくり返し、足を交換する。これだけです。

f:id:Jo-Bitaki:20190907225353j:plain:h350

今回は「いくら叩いても脚が外れない」ということはなかったため、交換作業は10分もかかりませんでした。
椅子の脚がどうしても外せないどうしても外せないという場合は、下の記事を参考にしてください。ただし、脚本体が金属製であることが条件です。
椅子のキャスターが外れないときの対処法

結果

下の写真は脚の高さを比較したものです。

f:id:Jo-Bitaki:20190915223452j:plain

左から コイズミ JG6 の純正キャスター、今回交換したキャスター( SNC-CAST )、固定脚+カグスベール。高さはそれぞれ7㎝、6㎝、4㎝です。

今回使用したキャスターは純正より1㎝低いだけですが、それでも体格や机との相性が結構変わります。少なくとも、私の場合は1㎝低いだけでずいぶん楽になりました。

「この椅子、ちょっと高いな」と思ったら、別のキャスターに交換してみることをおすすめします。椅子の高さが体に合っていれば姿勢も良くなりますし、腰痛や肩こりの防止にもなることでしょう。

ちなみに、今回使用した SNC-CAST は純正のものより車輪の直径が少し小さいです。それが原因かは分かりませんが、純正よりも移動(車輪の回転)がスムーズになった感じがします。

関連記事

座面が高すぎる椅子のキャスターを交換して低くする方法
キャスターを固定脚にして座面を下げるパターンです。

低い椅子のキャスターを交換して高くする方法
今回とは逆に、キャスターの交換によって座面を上げるパターンです。「椅子が低すぎる」という方はぜひご覧ください。

低い机を脚の延長で高くする方法
椅子が高いのなら、机を高くして合わせるのも一つの手です。体に合った机といすの高さの求め方についても書いています。